TEL03-6228-4856

アクセス/ACCESS

完全予約制
第二銀座ヤマトビル7階
東京都渋谷区渋谷1丁目1−10 ニューハイツ青山703青山通り(国道246)沿い、青山学院大学近く
カンタンWEB予約はこちら
  • ホーム
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • メニュー・料金
  • 当院の紹介

手のシビレ

  • 2016年03月26日

手にしびれがある人は非常に多いようです。

しかし、みなさん深刻には考えていないようで、病院まで行く人は多くありませんまた、病院に行ったところで、いつもの牽引、温熱療法、湿布、ビタミン剤などで到底改善とまでいかず、、、、。接骨院、整体、カイロプラクティック、鍼灸といろんな代替療法も行ってみた。が、ますますシビレの範囲が広がってきている、または気持ちが沈んで何もやる気が起きなくなってしまっている。

そのうちに私のこの手のシビレは手だてがないのじゃないかと思ってしまう方も多いでしょう。

そんなことはありません。

当院、銀座・整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(りじゅ)の上部頸椎治療を受けたいと来院して下さる方は、病院・整体・鍼灸・マッサージ・他のテクニックのカイロプラクティックと様々な治療院を経ていらした方々が9割がたなのです。

 

その症状、突然出たのではありません!

 

Causes-Of-Numbness-In-Hands-And-Feet

 

手のシビレは突然出現したかもしれませんが、その徴候は何年も前からあるのを思い起こしてみて下さい。

首が張る、肩が凝る、頭痛、首痛 etc・・・・・

首は7つの骨(「頚椎」と呼びます)で構成されています。頚椎は、「頭を支える」「動く」「神経を守る」という機能があります。

これらの機能は、骨の配列が正常の位置にあることで上手く機能します。

しかし多くの方は、小さい頃からの転倒や転落事故、交通事故etcにより頭部外傷を必ず受けています。

そのことにより、上部頸椎は不整合を起こし、頭が傾斜したり、脊柱が3D的にネジレ、全身的に体は歪んでしまったまま何年も首に負担をかけているのです。

その歪んだまま頭を支えるとともに動くことを長い間続けると、すなわち年齢とともに、動く部分である骨や軟骨に変化が起こってきます。この変化を「変形性頚椎症」といいます。その骨と骨の間から出ている神経が圧迫されることにより痛み・シビレ・麻痺etcが生じてしまうのです。

脊柱が3D的にネジレ、全身的に体は歪んでいるところに整体やマッサージで揉んでも解決にはなりません。

ちまたのカイロプラクティックが行っている、骨盤の矯正が一番と言われるのも間違った解釈です。

根本原因である、頸椎・脊柱の3D的にネジレている第一頸椎(アトラス)の歪みを正すことでしか、シビレを取り除くことは出来ません。

頸椎・脊椎・腰椎と骨格が正しい位置に矯正されるので、シビレなどの神経症状が出なくなる体に生まれ変わっていきます。

 

 

「手のしびれ」の分類

 

首の痛みの他に、手足のしびれなどの症状がある場合は注意が必要です。というのも、首の骨の中にある脊椎まで負担がかかっている場合は、神経系の異常が見られることがあるからです。

しびれを伴う首の痛みの原因には以下のような病気が考えられます。

 

頸椎症

中高年のしびれの原因として最も多い疾患と考えられます。首の骨、つまり頸椎は、いくつかの円柱形の骨が重なるようにして構成されています。これらの骨は椎間板というクッションによってそれぞれが受ける衝撃を和らげているのですが、この椎間板は加齢によって弱くなることがあります。その場合、頸椎同士の衝撃を椎間板が吸収しきれなくなり、頸椎の変形などを起こしやすくなります。その結果神経が圧迫され、首の痛みや手や指のしびれを感じます。

 

頸椎椎間板ヘルニア

先述した頸椎の間にある椎間板も、加齢によってそれ自体が飛び出してしまうなど変形してしまう場合があります。その場合にも頸椎症と同様に神経や脊椎を圧迫してしまい、首の痛みを感じたり、手や指のしびれを感じたりします。頸椎の5、6番は最もよく動く部位で、椎間板への負担が大きい場所でヘルニアが起こりやすい部位です。

 

頸椎症性脊髄症
老化の為に骨棘という飛び出た骨ができ、脊髄神経を圧迫していきます。
最初はしびれだけですが、進行すると痛みをきたし、次に階段の上り下りに困るようになり、さらに進むと歩けなくなることもあります。手の症状としては、箸を使って食事するのが困難になり、字が書けなくなります。トイレでも排尿までに時間がかかるようになります。

 

脊柱靭帯骨化症

脊椎の骨同士は靭帯によってつながっています。しかし、この靭帯が厚くなり、骨化していくのがこの病気です、原因は不明ですが、靭帯が骨化することによって脊椎が圧迫され、首の痛みや手足のしびれ、麻痺を感じます。

 

 

手や指、足のしびれが自覚できるということは、どこかで神経が圧迫されているということです。この他にも、首やその周辺に腫瘍ができ、その腫瘍が大きくなるにつれて脊椎を圧迫し、手足のしびれを感じるようになったということもあります。症状が首の痛みでとどまっているところで早めに、当院の整体・カイロプラクティックの上部頸椎の調整をすることを強く勧めます。

 

 

 

その他、

【手根管症候群】は、頚椎の病気とならんで、手のシビレの最も多い原因の一つです

images-2

手根管は手のひらの付け根にあり、手首の関節にある靱帯と骨の間のトンネルになっているところですが、女性は男性に比べてこの手根管のすき間が狭いのです。長さ3㎝のトンネルの中を神経が走っており、管の中の圧が高くなると神経が圧迫され、人差し指から薬指の内側がしびれたり痛みを感じるようになります。とくに夜間に症状が強くなります。

手の神経(正中神経)は、束になって手首の手根管というトンネルを通るのですが、このトンネルの中で神経が圧迫されることにより「しびれ」や「痛み」、さらには「指の動き」がわるくなったり、「筋肉のやせ(萎縮)」がみられます。女性は男性に比べてこの手根管が狭いため、女性に訴えが多いです。シビレの特徴として、親指からくすり指の4本に強く、決して小指はしびれないという特徴があります。

特に夜間に症状が強くなります。

中年の女性に多く、長時間のパソコン、キーボード操作やピアノの演奏などが誘発要因になることもあります。

甲状腺機能低下症、妊娠、透析、先端巨大症の方が発症しやすいとも言われています。

 

胸郭出口症候群

肩こり、腕や手のしびれ、手の血行不良(冷え、だるさ)などの症状を引き起こします。

 

 

 

 

手術や薬に頼らない根本治療を!

 

名称未設定いずれの場合も上部頸椎に不整合を起こしている場合がほとんどです。

世間一般的に言われているのは、頸椎のストレートネック、少しの劣化は年のせいや生まれながらのため、どうにもならないと放置します。

西洋医学的な治療は、痛みの原因である炎症を抑える「鎮痛消炎剤」や筋肉を和らげる「筋肉弛緩剤」の内服処方され様子を見ます。

それで軽快しなければ、骨と骨の間にあるクッションの役割を果たす椎間板が減っている場合、椎間板を広げれば神経圧迫が取れると単純な考えから牽引をしてみたり。筋肉のコリがひどく血流障害を起こしている場合はマッサージや針・灸・低周波療法が基本となります。

それでもだめなら、ペインクリニックで行っている、神経の表面に注射する「硬膜外ブロック注射」や、直接、神経の枝(神経根)に注射する「神経根ブロック注射」が適応されます。これらの注射は時に著効しますが、通常は一時的な効果であるため、手術を勧められる事が多くなるのです。

しかし、この牽引治療ペインクリニックで行われる神経への麻酔薬が度重なれば、体を支える筋肉や靱帯、神経に負担がかかり損傷するため、手術への道を進めてしまうことも多々あります。また、麻酔薬が効かなくなるといった苦しみが襲いかかってきます。

すべてが、対処療法のために症状を抑えるのみになっています。ともすれば悪化への道を早めている場合もあります。

頸椎を悪化させる施術は沢山あるのです。

このような苦しみのスパイラルに陥らないために、この先もしびれが出なくなるような身体作りが必要になってきます。

 

そうです「根本治療」です。

 

この根本治療、病院や整体・整骨院、骨盤矯正をうたっているカイロプラクティックでは出来ません。

 

どうぞ根本治療で薬や手術に頼らない身体作りを実践している、銀座・整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(りじゅ)の上部頸椎治療を受けることをお勧めします。お困りのシビレはもちろん、他お悩みだった、腰痛・O脚・冷え性・慢性疲労・便秘等といったことも良くなったと喜びの声を、沢山頂いております。

 

 

 

器質性シビレの場合は、早急に医療機関での検査・処置をして下さい。

頭頸部外傷、くも膜下出血や脳出血などの頭部血管障害、脳腫瘍、髄膜炎などが含まれる「症候性シビレ」は、生命の危険があるため緊急に救命処置が必要になります。

 

  1. それまでに経験したことのないしい頭痛
  2. 嘔吐、吐き気、ロレツが回りにくい、体の一部が動かしにくい、めまい
  3. 意識障害
  4. 発熱など感染症を伴う頭痛
  5. 「いつ始まったか」がはっきり分かるような頭痛
  6. 血圧上昇など

高齢になってから新しく発生したシビレは、器質的原因の可能性が高いので注意が必要です。器質的なものの場合、その原因となっている疾患の治療を第一選択しなければなりません。

手のシビレ、運動機能障害のため生活に支障をきたし、精神的にも辛い日々を過ごしていた女性の喜びの声

お名前:鈴木 ふさ子  性別:女 年齢:65 職業:主婦 
お住い:東京都立川市 症状・病名:頚椎ヘルニア ストレートネック 両手のしびれ
朝起きたら首が曲がらなくて近所の整形外科に行ったら、ストレートネックと診断され、2ヶ月通院しましたがそのうち両手がしびれてきて物が持てなくなり家事も出来ず、寝てても両手に電気が走り熟睡できず毎日イライラして針治療や整体マッサージも試しましたが効果なく息子が見かねて、こちらのアトラスカイロプラクティックを試してみたらと紹介してくれました。
先生の説明ですべてアトラスのゆがみが原因とのことで納得しました。
最初のアジャストでウソみたいに腕が軽くなり、歩行も楽になりました。
3ヶ月目ぐらいから両手のしびれも消え、家事も普通に出来るようになり、気分も晴れ身体も軽くなりました。
今では月1回のペースでリンパマッサージも受け、身体のバランスも整い快適な毎日を過ごすことが出来ます。
本当に小林先生の施術のおかげで治って良かったです。
先生や助手さんとの会話も楽しくてリジュさんに行くとリラックスできるので感謝です。
(上記の反応は施術を受けていただいた全ての方に起こる事象ではございません。個体差があるものということをご了承ください。)

 

 

その他の体験談はこちら >>

 

 

 

 

  • MENU
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • 頸椎のズレ!!とは
  • ストレートネックetcと頸椎のズレ
  • 検査で異常なしって本当?
  • 歪みチェック
  • メニュー・料金
  • メディカルリンパケア
  • 肌再生システム
  • 中医ハーバル内蔵トリートメント
  • 治療計画
  • 細胞の入れ替わり日数
  • 当院の紹介
  • 施術の流れ

施術の実例紹介

症状別治療案内

無料相談

24時間WEB予約