TEL03-6228-4856

アクセス/ACCESS

完全予約制
第二銀座ヤマトビル7階
東京都渋谷区渋谷1丁目1−10 ニューハイツ青山703青山通り(国道246)沿い、青山学院大学近く
カンタンWEB予約はこちら
  • ホーム
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • メニュー・料金
  • 当院の紹介

頸椎症・変形性頸椎症

  • 2016年05月26日

 

その手のシビレや痛み、漫然と手術になるのを待っていて良いのですか?

慢性的な首痛や肩のこりや痛みに悩まされている人は、もしかしたら頚椎症の可能性があります。そしてもうすでに腕や手先にしびれがあったり、手先の細かな動作がしづらい人、歩行がしにくいなどの症状が出ていて、変形性頸椎症と病院で診断が出ている方もいらっしゃるでしょう。病院での処置は、牽引や温熱療法、薬物療法、運動療法といろいろ施されているが全く良くならい、、、、、。または、最初のうちはしびれや痛みが軽減したが、年数を重ねるに従い病院の治療は効かなくなり、症状がひどくなってきている。いずれは手術の対象と言われたりと言われ、不安に感じている方や病院の治療では改善の見込みがないと薄々感じ、整体や針・灸と様々な整体やカイロプラクティックetc、代替医療へ行ってみたが確かな手応えはなく、途方にくれている方々も多いことでしょう。。

頸椎を悪化させる施術は沢山あるのです。

最初にあらわれるのは首の痛みです。しかし、普段の姿勢の悪さから一過性の首の痛みを感じることが多い場合は、「いつものことだ」という思いからこの痛みを無視してしまうこともあります。加齢とともに頸椎症の危険は高まりますから、普段首に負担をかけて、首の痛みを感じることが多い人こそ、注意して観察してみてください。

 

 

頸椎症はむち打ちなどと違い、症状が一気に発症することはありません。

頸椎の変形も非常に緩やかなもので、その影響も徐々にしかあらわれないのです。

だからこそ、自覚症状が出ることにはかなり進行していることが多く、早期発見が難しい側面があります。そもそも頸椎症の症状が、肩こりや首の痛みなど軽いものから始まります。

言うなれば、肩こり・首痛を軽んじては後々痛い目に遭うということなのです。

そうです判断を先送りにして病状が進行すると、上肢の動作異常や、下肢の歩行困難など日常生活に重大な支障を与える症状が現れてしまうリスクがあります。

 

 

首の痛みや手や指のしびれ、これらにお困りの方は、私たち東京・銀座 整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(リジュ)の上部頸椎治療が有効です。そして病院や整体・針・灸ではどうにもならない症状を、得意分野としています。施術していくうちに、手術に至ることはなく首の痛みや手や指のしびれが、消失していきハツラツとした生活を送れるようになっているのです。

 

 

上部頸椎のズレが時間の経過とともに頸椎の劣化を進行させます。

 

40代以降の方に頸椎症は発症しやすく、首だけではなく腕や上半身といった広い範囲で痛みを感じる病気です。しかし頸椎症のもとの原因となる椎間板の老化に伴う変形は、割合若いうちから始まると考えられています。そしてその老化が積み重なり、神経や脊髄症状が出てきてしまいます。

頸椎症では7つの椎骨のうち、どの椎骨や椎間板に問題があるかで多少症状は異なります。

例えば第7頚椎椎間板なら小指の感覚がなくなり、第6頚椎椎間板なら中指の感覚です。

椎間板に関係なく現れる症状には首を曲げた時に首の後ろから背中にかけて広い範囲で痛みが現れるというものがあります。

 

症状の特徴

・朝は調子が良いが、夜になるにつれて症状がひどくなる

・上を向いたり、首を反らしたりすると症状が強くなる

・慢性的な肩こりの原因になっていることもある

 

変化の原因

1、頭部外傷(交通事故・スポーツ・転倒etc)

これら全て初期の段階は、頭部外傷から第一頸椎(アトラス)の歪みが生じて上部頸椎と後頭部の違和感や痛みから始まる方や症状に気が付かない方もいらっしゃいます。頭部外傷を受けた時期、回数、栄養状態、筋肉の状態、姿勢保持の状態、精神状態等によって進行度は違いますが、頸椎の骨の劣化は進んでいきます。(頸椎だけではなく、脊椎(頸椎ー胸椎ー腰椎)全般に言えることです。)

2.加齢

加齢による老化現象の一環として、頸椎が変性する適齢変性が主の頸椎の変化の原因となります。

この適齢変性には個人差があり、四十代頃から変化が現れるのが一般的です。

 

●頸椎の変化

頭部外傷によって第一頸椎(アトラス)の不整合が起き、頭の中心がズレ、またズレたまま年数(加齢)を経過することによって以下の変性が起こってきます。

1.頸椎の椎体骨
頸椎の椎体(首のライン)が変性してしまいます。ストレートラインや後弯、S字ライン、スワンネックと言われるものです。棘状の突起が形成される骨棘が発生し、神経や脊髄を刺激することになります。神経や脊髄を刺激するようになった場合の症状はこちら→脊髄症状(脊髄に負荷がかかったことによってあらわれる症状を脊髄症状と言います。)

・手や指が動かしにくい、しびれる、麻痺する

・足が動かしにくい、しびれる、麻痺する、つまずきやすい

・尿が出にくい、頻尿、残尿感、便秘
最初の内は、違和感がある程度ですが、重症化していくと歩行ができなくなることもあります。排泄障害といった症状があらわれるのも脊椎への負担が大きくなってからです。

2.椎間板

椎体と椎体のクッションである椎間板が後方に突出し神経を刺激します。

3.靱帯

靱帯が石灰化、骨化してしまい神経を傷つけるリスクが生じます。

頭部外傷の起こした早期に、私たち東京・銀座 整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(リジュ)の上部頸椎治療を受けて頂くことによって、ストレートラインや後弯、S字ライン、スワンネックが正常な頸椎のラインへと戻り、老化による頸椎の変化を防ぐことが出来ます。

 

 

 

必ずしも手術で改善するものではありません。

 

頸椎症になっているということは頸椎の変形によって神経だけで無く、脊髄や血管を圧迫するリスクがあると言うことを忘れてはいけません。
最初は肩こり程度で済んでいるのはあくまでその時点で圧迫が軽いというだけで、そのまま進行すれば、血管を強く圧迫し血行障害を起こしたり、神経や脊髄に機能障害を引き起すことにも繋がってしまうでしょう。

 

●徐々に現れる症状

頸椎症の症状は急激に現れることはありません。

頸椎の変性など、原因となる変化が徐々に進行していき、その影響が症状として緩やかに表に現れていくことになります。


1.肩こり

肩や首の筋肉が緊張する肩こり、そして圧痛が起こります。


2.首の痛み

頚部を動かすことで圧迫された神経をさらに刺激し、激しい痛みが発生することになります。


3.上肢の症状

脊髄が圧迫されることで上肢に現れる症状には以下のものがあります。

●上肢の痛み

●疲労感

●脱力感

●手指の感覚異常

●手先の動作困難(ボタンがけがしにくい、字が書きにくい、箸が持ちにくいなど)

●筋肉萎縮・手指の変形


4.下肢の症状

脊髄圧迫で起こる下肢の症状です。

●歩行障害(下肢のツッパリ感から歩行困難)

●脚のシビレや麻痺(つまずきやすい、脚を動かしたときに違和感があるなど)

●便秘

●排尿障害(出にくい、尿漏れ、排尿して直ぐにまた排尿したくなる)


5.めまい

頸椎の変形が頭蓋内への動脈を圧迫してしまい、脳への血行障害を起こし、強いめまいを引き起すこともあります。

 

手術の判断は3以降.箸が持てない、階段を手摺りなしでは上下出来ない、排尿障害が出た等で医師より勧められることが多いのです。本人もこの辛い症状から解放されて良くなりたいと願い、勧められるまま手術へと心が傾く方が多いでしょう。

 

しかし、臨床研究において「頸椎症の手術治療は,圧迫を解除することにより今後の悪 化を防ぎ,以後の頸椎症の経過を安定化することが目的であ り,必ずしも現在の神経症候の改善をめざすものではない.」との結果が出ているのです。(臨床神経学 52巻7号、2012年7月)

 

ここに頸椎症でお困りの患者様の願いと手術結果の相違が出てくるのです。

 

手術をしてから、こんなはずではなかったと嘆かれる方も多いのです。主治医も、頸椎の手術は患者様の思うような結果にならないことも多々あるので、無理に勧めることはありません。

 

 

そこで、どうしたらよいのでしょうか?

 

 

変形性頸椎症でお困りの方へ、私たち東京・銀座 整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(リジュ)の上部頸椎治療は得意分野としています。そして、手術に至ることはなく首の痛みや手や指のしびれが、施術経過とともに消失していきハツラツとした生活を送れるようになっているのです。そして、もうすでに手術を受けてしまった。しかし、痛みやシビレが取れないとお困りの方へ、頸椎の手術で固定されてしまったとしても他の骨が上部頸椎の調整によって整えられるため、辛い症状は軽減していきます。そして、あの手術は何だったのだろうか、手術前にここに出会っていれば良かったとおっしゃられます。

 

変形性頸椎症で症状が辛い、病院や整体・針・灸・カイロプラクティックといろいろ試したが良くなる徴候がないとお困りの方、私たち東京・銀座 整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(リジュ)の上部頸椎治療をお受けになって下さい。必ずや遠くてもここ東京・銀座 整体・カイロプラクティックのヘルシーラボRyju(リジュ)に来て良かったと思って頂けます。


欧米において頭部外傷で起きた症状は、カイロプラクティックが有効と言われます。世界でカイロプラクティック療法士は、むち打ちの概念を修了し、実際にズレた頚椎を矯正できる「唯一の専門職」と言われています。

 

アトラスオーソゴナルカイロプラクティックにより、ズレた上部頸椎の矯正を行います。

当院の上部頸椎治療は、カイロプラクティックの中でも特に頸椎の問題に有効な、アトラスオーソゴナルカイロプラクティックを創始者ロイ・スゥエット博士より直接指導を受けております。

3次元的な頸椎のネジレを正常な状態へと矯正することにより、頭が体の中心に来るようになり頸椎の負担が少なくなります。また、脳の指令が身体の隅々まで伝達するようになります。

 

 

 

不定愁訴や自律神経失調症・うつ状態にある方は、変形性頸椎症が根本原因かもしれません

 

不定愁訴に悩まされる人々は、検査では“異常なし”とされることから、周囲から「ただの怠け病では?」と理解を得られないという、非常に辛い立場に追い込まれることが少なくありません。


また、“うつ病”と診断されて、投薬やカウンセリングの治療を受けているものの、いっこうに回復の兆しが見られない患者さんのなかにも、実は、“第一頸椎(アトラス)の歪み”が原因という人が多くいらっしゃいます。最初は、変形性頸椎症による手のシビレやめまいを改善する目的のために当院にいらっしゃる方が、睡眠障害やうつ状態、不定愁訴、自律神経失調症、慢性疲労と様々な症状が改善していくためビックリされ、元気に日常生活を送れると喜びの声を多く頂いています。

 

 


◯当院の施術効果を上げ早期に状態を安定するためにも以下の事を自宅で行っていただいています。

・生活スタイルを見直し、頸椎への日常的な負担を軽減していただく。

・栄養バランスの良い食事や運動etcの見直し。

・リラックスして頂く時間を増やし、精神状態の安定をする。

アンチエイジングで老化進行を抑制することが直接的で無くとも加齢による頸椎症の予防対策となります。

 

 

 

手の挙上困難、歩行困難でお困りだった女性からの喜びの声

 

 

お名前:K・S 年齢:60歳 住所:練馬区
症状:歩行困難、頸椎症、腰痛

手が上がらなくなったので近所の接骨院に行きました。手軽さから1年近く通っていましたら
急に足が棒のようにこわばり痛くなってきました。整形外科は以前、正しい診断をされず痛み止めを処方される等の根本的治療にはならないと思ったので、娘が10年間患っていた鬱を劇的に治してくださったリジュさんに行く事にしました。
足が痛いのに頸椎の施術で良いのかと最初はとまどいましたが、徐々に足の痛みもなくなり
治らないと諦めていた頸椎症や腰痛まで良くしていただきました。
小林先生には娘ともども本当に感謝しております。
(上記の反応は施術を受けていただいた全ての方に起こる事象ではございません。個体差があるものということをご了承ください。)

 

 

その他の体験談はこちら >>

  • MENU
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • 頸椎のズレ!!とは
  • ストレートネックetcと頸椎のズレ
  • 検査で異常なしって本当?
  • 歪みチェック
  • メニュー・料金
  • メディカルリンパケア
  • 肌再生システム
  • 中医ハーバル内蔵トリートメント
  • 治療計画
  • 細胞の入れ替わり日数
  • 当院の紹介
  • 施術の流れ

施術の実例紹介

症状別治療案内

無料相談

24時間WEB予約