TEL03-6228-4856

アクセス/ACCESS

完全予約制
第二銀座ヤマトビル7階
東京都渋谷区渋谷1丁目1−10 ニューハイツ青山703青山通り(国道246)沿い、青山学院大学近く
カンタンWEB予約はこちら
  • ホーム
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • メニュー・料金
  • 当院の紹介

めまい

  • 2015年08月21日

 

 

002

お名前:ESさん   性別:女性  年齢:31歳

お住い:足立区

 

症状・病名:食べる時気持ち悪い、体がだるい、頭痛、めまい、体と顔のゆがみ、自律神経がおかしくなっていた。

 

とにかくだるく、食事も吐き気がして食べられず、家事もままならずとにかく寝てばかりで動けないことがとてもつらかったです。

色々な整体に通いましたがあまり変わらず、“首を治す”というのに興味を持ち、行ってみようと思いました。首を治すという事にすこし心配しましたが、まったく痛くはなく、なにより施術後は胃の不快感がなくなり、ガチガチな体が軽くなりました。

1週間に1回通っていますが、やはり長年のゆがみのくせが根強く、週の後半になるとしんどくなっていきますが、最初のつらさはなく、徐々によくなっていく実感がします。また、最初に写真を撮ってもらいましたが体のゆがみがひどく、また、顔もゆがんでいて、改めて、ほんとうにひどい状態だったと思い、しっかり治していこうと思いました。

 

CCI20151219

お名前 ちよこちゃん 年齢 12歳 ご住所 東京都江東区

 

現在小63年生の頃から色んな症状で病院に通っていました。

頭が痛いと学校の保健室で寝たり学校を休んだりの毎日でした。4年生になっても治らず頭痛などとは別で家で暴れるようになり、床にひっくり返り手足をバタバタさせていつまでも泣き叫んで物を投げたり、壁を叩いたり、自分の事を叩いたりで反抗期なのかなと単純に思っていました。小児科の通院の時に相談した所、ちょっと検査をしようかという事で検査を受けた結果、自分の感情をうまくコントロールできなく、情緒の発達と思っていることを言葉にして伝えることが出来なく同年齢の子より遅れている事が分かりました。小児科と児童精神科に通うことになりました。小林先生に診てもらうようになってからは、全ての状態が良くなり時々、頭痛などが出る位にまでになりました。一番困っていた頭痛がなくなり本人が一番喜んでいます。つめかみも治りました。学校も休まなくなりました。

26歳  会社員 東京 目黒区 
めまい
健康診断による体調の悪さというのはなかったのですが、めまいや立ちくらみが頻発しておりました。
そんな時、知人にryjuさんを紹介いただき施術していただきました。
あまり自覚はなかったのですが、診ていただいたところ脚の長さがずれていました。
それにより姿勢が悪くなり、血の巡りが悪くなり、めまいが発生するといった悪循環に入ってしましました。
その歪みを改善いただき、脚が揃うようにして頂いたのですが、それにより血の巡りが良くなったのか、めまいがなくなりました。
私生活での姿勢の指導もして頂きました。
小林先生にはとても感謝しています。
これからも宜しくお願いします。

お名前:ぱいん 性別:女 年齢:42 職業:会社員
お住い:東京都葛飾区
症状・病名: 頚性めまい、顎関節症
ジェッ トコースターの頂上から降下する瞬間のふわっとしためまいがあり、医師より頸性めまいと診断されました。
めまいは浮遊性なので常時という訳ではありませんでしたが、特に身体をひねって頭を屈めた時などに多く起こりました。
このまま一生治らないのではないかという不安と、医師から処方された筋弛緩剤をずっと飲まなければならないかと思うとめまいよりも心のダメージの方が大きく、このままだとうつ病や自律神経失調症になりかねないと思っていました。
ただ、何をどうすれば良くなるのかまったく分からず悶々と過ごしていたのですが、半ば執念でこちらのホームページを探し当てました。
HPでだいたいのことは読みましたが、当初、首の治療だけで本当にめまいが治るのか甚だ疑問でしたし、何か首に致命的な事が起こったりしたら・・・と不安にもなりましたが、藁にもすがる思いだった事もあり意を決して行ってみることにしました。
決め手となったのは、女性の先生である事、以前先生が看護師をされていた事、薬が要らなくなる治療である事、そして免疫力を高める治療であるという事でした。
もちろん、こちらに通われている方々が書かれた口コミもすべて拝読しました。
初診時の施術前、身体の傾き具合、口の開き具合の写真を撮って頂きましたが、自分でも薄々は気付いていたものの、客観的に見せられるとかなりショックだった事を覚えています。
施術後、口の開きの傾き具合はさほど変わっていませんでしたが、身体は真直ぐになったことには驚きました。
幸い職場が近い為、初めは密に通うことが出来ました。
ただすぐにめまいがなくなった訳ではなく、首の座りが悪くとても不安定で、通い始めて2,3回目ですら、本当にここへ通ってめまいが治るのだろうかと不安が常にありました。
ちょ うど4回目あたりから、なんとなくですが首が座る感覚がありました。
そこを定位置にすると頭の重さをあまり感じなく、かつめまいが起こり難くなる感じで した。ただその姿勢は私にとってとても顎を引く姿勢だったので初めは喉が詰まる感じがあり、今まで使ってなかったと思われる首の前側の筋肉痛にもなりま した。
初めの1ヶ月半はじっとしていなさいと先生にも言われていたので、極力動かず本当にじっと生活していました。
2週間過ぎた頃からあれほど不安材料だっため まいの事を考える事もあまりなくなりました。
ただ夕方近くになると疲れが出るのか、船酔いのようなふわーっとした感じがたまに起こりました。
通い始めてまだ10回ですが、初めに比べれば随分良くなったと自分でも感じています。
顎の方も最近は以前より口が大きく真直ぐ開くようになりました。
しかし、 まだ日によって調子が良かったり、悪かったりするので安定してはいません。
考えてみれば数十年にも渡って癖づいた首の位置を整えるのに時間が掛かるのは 至極当然のことだろうと思います。
今は少しめまいがあったとしても原因が分かっているので、そんなに不安になることもなく、また先生も正直におっしゃってくれるので安心して通うことが出来ています。
これからまだもう少し通うことになると思いますが、これを期に今までの悪しき姿勢を全て正し、再発しない身体を手に入れたいと思っています。

お名前:鈴木ミンディ 性別:女  年齢:51歳 職業:カウンセラー
お住い:港区  症状・病名 子宮筋腫・めまい

子宮筋腫による月経過多のため、貧血でまっすぐ歩行さえ困難な状態で手術もできない数値でヘルシーラボを訪れました。
一回目の施術時にピストルのような物で首を調整する際、音にびっくりしましたが痛くはなかったので続けて通院しました。
姿勢が悪くなっていたのは学生時代テニスを激しくしていたせいか右側に傾く癖がつき、結果成人してからはホルモンバランスを崩しており30代には子宮筋腫ができていました。
40代には直径10センチ以上になってしまい手術が必要でしたが体にメスを入れ子宮全摘するのが恐くて放置していたのです。
前述した通り、血液検査結果ヘモグロビン数値は4になり手術できない身体になっていました。
小林洋子先生の厳しくも思いやりのある食事指導や姿勢を含め、生活の在り方の教えのおかげで今ではスポーツジムで30分以上走れるくらいの体力に回復しました。
回復後も長年ゆがんでいた骨が元に戻ってしまうので月に一回は通って骨の調整をしてもらっています。

 

 

お客様の声(スキャン)

性別:女 年齢:49 職業:看護師 お住まい:埼玉県

病状・病名 腰椎ヘルニア、めまい、歯痛

病院でMRIを撮影後、上記を診断されました。病状的には慢性化し、日常生活で腰部への負荷をかけないように生活するという段階でした。しかし仕事中に何度も動けなくなりトイレへも行けなくなる状態がありました。そんな時、アトラス治療を知り通院し始めました。そり腰が徐々に修正され痛みが軽減。また40代後半になって出現した、めまい、左の歯肉炎かと思うあご周囲の痛みがありました。 歯肉炎かと思った痛みに対し歯医者で抗生剤を処方され服用しましたが、変わらず、時間経過で消失するものの再発をくり返しました。その症状はRYJUでの治療をしばらく(半年間)空けた間に起こった為、脊椎との関係とは思いつかず悩んでいました。ネットでめまいと頚椎の関係を知り、丁度めまいが発症している時にアトラス治療をして頂き、その当日には

どんどんめまいが軽くなり消失しました。あごの痛みも最近は再発せず大変うれしく思っています。 めまいの起こった時に受けたアトラス治療の当日は頚椎の後ろ側に温かさを感じ、まるでザーザー血流が改善しているかのようでした。本当にびっくりしています。

IMG_1879

お名前:コウタ  性別:男  年齢:40代  職業:公務員

お住まい:神奈川県戸塚区

症状:病名:めまい、交通事故後遺症、うつ病、パニック障害

私が体調に異変を感じたのは、18歳のとき。突然呼吸が苦しくなり、死んでしまうのではないかという恐怖感に襲われました。症状は、めまい、ふるえ、倦怠感、喉の違和感などに広がり、段々と厳しくなっていきました。大きな病院を転々とし、色々な検査をしましたが、血液検査や画像診断ではまったく異常が出ません。当然、有効な治療法も見つからず、楽しいはずの学生生活は、苦痛と不安に満ちた苦しいものになってしまいました。
 就職してからもその症状は続き、20年以上もの間、体調が良い日は1日もなかったと言っても、決して過言ではありません。たまりかねた私は、すがるような気持ちで大学病院の精神科の門をくぐりました。ひとつめの転機です。うつ症状の多様さとパニック障害の対処法を学び、処方された抗うつ剤を飲むと、症状は一旦抑え込まれました。しかし、根底から病気が治ったわけではなく、通院期間が数年に及ぶと、私は薬に頼りきった治療法に限界を感じ、新しい展開を求めたくなりました。
 そんなとき、ふたつ目の転機が訪れます。友人のIさんから、ヘルシーラボRYJUさんを紹介されたのです。頸椎に焦点を置いた整体で、血液とリンパ液の流れがスムーズになることで代謝が進み、自力で健康になっていくというものです。初めに提携先のクリニックでレントゲン撮影と問診を行い、その写真を持ってとある銀座のビルへ。そこでは、美人で優しそうな先生が待っていらっしゃいました。話をうかがうと、やはり私の首の骨は曲がっており、過去の事故歴が関連しているとのことでした。考えてみると、私は5歳のときに車にはねられたのを皮切りに、20歳代の前半までに4度もの交通事故に遭っています。首の骨のズレは、そのものもストレスの一因となりますし、血流を妨げて徐々に代謝を下げることで体調不良を招いていたのでしょう。
 初期の頃は週に2回、少し落ち着いてきたところで週1回、通い始めてから11ヶ月が経ちます。至って優しい治療法なので、初めは正直言って、何をされているのかさえわかりませんでした。が、やがて効果を実感できるようになりました。投薬治療のみを行っていた時より自然な感じで体調が良く、そういう日が何日も続くのです。
20年以上もかけて悪くなってきた体ですから、時間をかけないと完全によくはならないでしょう。しばらくは抗うつ剤で物理的な症状を抑えつつ、整体で体の力を向上させ、やがては薬を卒業できたらと思っています。ここまで体調を回復してくださった先生と、すばらしい先生を紹介してくれたIさんには、心から感謝しています。

(メールにて頂きました。)

 

お名前:S.H. 性別 女  年齢: 48歳   パート主婦 お住まい:東京都練馬区

症状・病名 肩こり症、背中の痛み、手のシビレ、めまい、脳脊髄液減少症、便秘、花粉症

 

 

私がアトラスカイロプラティックを初めて知ったのは、ちょうど2年前になります。

私は40代後半の主婦ですが、その頃子供二人共受験が重なり、気持ち的にも結構きつい日々でした。

元々ひどい肩こり症だった上に、パートの仕事がレジの仕事だったりして、肩や背中の痛みが周期的に

ひどくなったり、また和らいだりと、その繰り返しでした。

そんなある日、いつもと違うな・・と感じる痛みが背中に出るようになりました。

背中の右上肩胛骨の周りです。

たとえで言うと、ふくらはぎに起こるこむら返りのような痛みです。

ぐー・・ぐうー・・っと引き攣るように痛むので、夜もぐっすり眠れなくなりました。

薬局で売ってる鎮痛剤や、強い鎮痛湿布などいろいろな種類を試しましたが、効きませんでした。

10日か、2週間くらい経つと、

今度は右手の肘より上から指先まで、急に電気が走ったようにしびれ出したのです。

肘を強く何処かにぶつけたときに ビィーンとしびれますよね?  そのしびれの感じです。

しびれ出すと30秒くらいしびれっぱなしです。

その間、手が全く動かないとか言うことはないんですが、そのしびれが強いので、しばらく固まった状態で

収まるまでやり過ごす感じです。

背中のコリ?痛みから始まったので、ひとまず接骨院に行って見てもらいました。

治療は電気を当てて軽くマッサージしてもらうものです。

毎日10日位通いました。

治療の直後は背中の痛みが少し和らぐのですが、良くはなりませんでした。

それからカイロプラティックで1回5000円のカイロを受けましたが、毎日来て。といわれお金が続くはずもなく、

変化は特になく、良くなる予感も無く、断念。

焦らず少しゆっくりすれば良くなるかも?と仕事を休んだりしましたが

一向に症状は変わらず、友人が紹介してくれた中国医療クリニックに行きました。

そこの先生にレントゲンをとるように言われ、第五と第六頚椎の間が変形して脊柱間狭窄症と診断されました。

漢方薬と針治療を行いました。背中の異常な痛みは和らぎましたが、しびれはそのままです。

もうこのころになるとかなり痺れにも慣れてきて、おまけにあちこち治療に通うのにも疲れて、もしかしてこのままやり過ごせるかな?なんて考え始めたりもしてました。

その一方で、もしこのまま放って置いたらどうなるのか怖くなり、ネットや健康雑誌で調べたりしました。

そんなとき ネットでたまたま[頚椎レントゲン]でヒットしたのが“アトラスオーソゴナルカイロプラティック”でした。

ネットで治療内容を見て、治療を実際受けた人のホームページを読んで、電話で予約しました。

電話で自分の症状詳しく話し、絶対よくなりますよ。といわれた時は本当に嬉しかったです。

治療を受けるに前にMRIとレントゲンを受けました。やはり脊柱間狭窄による神経圧迫で痺れが出ているのと、

脳脊髄液減少症を起こしているとの診断でした。

思えば、40代になってから、軽く目がまわるような、足元が急に滑ったように感じるめまいが時々ありましたし、

瞬きすると涙のなかにミジンコ?のような物が浮かぶ様に見えたり、虫歯でもないのに歯が痛み出したり、

脊髄液減少症の症状のほとんどに当てはまっていました。

治療を受ける前にそのことを先生からお聞きして、

もうここで診てもらえばいいんだ・・と安堵の気持ちでいっぱいでした。

私の様にもうすでに症状が出ている方でこれからアトラスアジャストを受ける方は初めて受けた日の後は

お仕事とかはお休みを取られた方がいいかもしれません。

とにかく初めて受けた次の日はだるくてだるくて、眠くて、真夏だと言うのに化粧も落とさず、お風呂にも入らず、半日以上眠っていました。(個人差はあるとおもいますが・・)

それから2-3日はダルさが続きましたが4-5日経つとスッキリしてきました。

最初は1週間に1度治療に通いました。

2-3回受けて痺れはほぼ無くなりました。背中の疼きもおさまりました。

ただ、何十年もかけて変形した頚椎なので、短期間で正常にもどることはやはり無理ですね。

ものすごい長い目で治していくしかありません。

治療を始めて2年が経ちましたが、今は1ヶ月に一度は通っています。

ただ体調がだるかったり、なんかおかしいな・・と自分で感じたときはすぐに予約を入れてもらっています。

今では私の母も20歳の娘と高校生の息子も洋子先生にお世話になっています。

不思議なことにみんな同じ方向にに頚椎がずれているそうです。遺伝なんでしょうか?

アトラスを受けて痺れの他に変化があったのは、

便秘解消です。

若いときは便秘なんてなったことなかったのに、30代後半から変わり始め、ハーブティーや、バナナ黒酢など他にも色々試しましたが、飲み始めは効くのですが、続けると効かなくなってしまうんです。

今は特に何もしてません。が、もう悩むコトも無くなりました。

あと驚いたのは、花粉症ですね。

最初の出産後から毎年ひどい目にあってきましたが、

市販の薬で症状を押さえていました。2-3年前に私よりもっとひどい花粉症の人に やはり耳鼻科でお薬もらった方がいいよとすすめられ、そうしてたんですが、最初にアトラスを受けた次の春にいつもどうり耳鼻科で薬をもらってたんですが、あまり症状が出ないので薬はほとんど飲まないでシーズンが終わりました。

でもその年は特に花粉が少なかった年だったので、頚椎のせいとは思わなかったんですが、ことしも薬を飲むこと無く (目薬は使いました)過ごせました。やはり頸椎の可能性大です。

私は頚椎が悪くなる前からホメオパシーとか代替療法にとても興味がありました。

所詮、お薬って、症状を抑えるもので、治すものではないんだな・・とか、

お医者様ではないけれど

なんかお薬はなるべく取らないほうが良いのでは?とどこかで感じていました。自分の子供も薬を飲んで無理して学校に行かせるよりも2-3日休ませちゃえ!みたいな・・

もちろん全く取らないというわけではありませんが。

小林先生の所に通いだして、先生からいろいろな健康に関する本やDVDを教えて頂いて本当に参考にさせて頂いています。子供を持つ身として、社会やコマーシャルや昔からの慣習にとらわれず、知識を持つということが

とても大切なんだと実感しています

今の世の中、健康に関する情報は有り余るほどです。

そんな中からアトラスオーソゴナルカイロプラティックに出会えた事に

とても感謝しています。                             

   (メールにて頂きました。)

 

M・Yさん 37歳 女性 静岡県 伊豆市 団体職員
症状:病名 頸椎ヘルニア 手のシビレ 偏頭痛 めまい 滑舌の悪さ

仕事をするようになって肩こりや偏頭痛に悩まされ、たまに整体に通院していたが何回目かの整体の施術の次の日、首が動かなくなり、食べ物ものどを通らない 程で次の日に病院へ行き、レントゲンをとってもらったところ、頸椎ヘルニアと診断され、食べ物がのどを通らなかったのは軟骨が強く押されすぎたせいで飛び だしていると言われた。温熱治りょうや気功、中国整体等に通うが良くならず、また何年か経過して痛みも少しおさまり痛みやつっぱりのある時にはホッカイロ 等をつけてガマンしていた。
このまま一生、この肩こりやつっぱりとすごしていくのだと思うと悲しくなったが、他に良くなるすべもないので、そのま まほおっておいた。あきらめていた。が紹介して下さった方が東京で少し遠いけど、行く気があったら行ってみてと小林先生の名刺を頂いた。まず行ってみよう かなと思った第1は女性の先生であること。
それから紹介者の方が施術して体の調子がとても良くなっているということ。私も良くなる信じて行ってみ ることにしました。初めの半年は毎週土曜日(月に4回)通院しました。良くなるのか・・・初めはわかりませんでしたが、半年経過したころから右うでのダル サやしびれ、左足首の痛みがなくなっていることに気づきました。その後月2回にかわり今でも肩こりや偏頭痛はありますが、前程の痛みはなくなってきまし た。何より施術する前とした後の違い、自分の中では化粧のノリも良くなる気がします。血行が良くなるんでしょうね。
施術後、ベットで休む時間も至福の時です。とても気持ちが良い。それからまくらの寝心地が最高!!
通 うのもお金もかかりますが、自分の体の事ですし、一生のもの。体もメンテナンスしなければガタがくるのはあたりまえ、人間の体も機械と同じで修理しなけれ ば悪くなる。少しずつメンテをしなければ、いつか動かなくなる。前向きにすてきな人生を送れるように、先生を信じてこれからも治療をしていきます。先生よ ろしくお願いします。銀座というすてきな街にあるので帰りにショッピングして帰れるのも楽しみのひとつです。

西暦 2013年 12月 15日   
お名前 M・S 性別 女 年齢 49歳   職業:主婦
お住まい 埼玉県羽生市
症状:めまい、腰椎分離症・腰痛、高血圧、原因不明の皮膚湿疹、
   レストレスレッグス症候群(ムズムズ病)、歩行困難・足の痛み
   中学生の頃から、登校するとめまいで倒れ、月の1/3は保健室で朝を過ごすようになりました。
   酷い貧血が原因で氷食症やレストレスレッグス症候群になり、冬でも常に氷を齧り、寝ていても貧乏ゆすりをしていました。
   高校生の頃、同級生と同じ速さで動くのが辛くて、絶えず誰かにつかまり寄り掛かっていました。
   二十歳過ぎる頃、アレルギー症になり、軽めの薬から始まり程なく強い薬を常用するようになりました。
   生理痛が酷くて硬直してしまい、しがみ付いた椅子を手放せず、椅子ごと運ばれた事もありました。
   婦人科や整形外科やカイロや接骨医院や中国整体や鍼灸や漢方薬と、良いと勧められる全てを受けましたが、あまり改善はされませんでした。
   23歳で結婚し医師に不妊相談をした際、子宮の位置がズレているため腰痛・生理痛が酷かったが出産すれば改善されると言われました。
   25歳で第一子出産後、生理痛はかなり改善されましたが、骨密度が定年退職間際の高齢者並みだと指摘されました。
   29歳で第二子妊娠中、骨盤疲労が酷く腰痛に苛まれました。 また、貧血も酷くなり、 飲み薬では副作用が辛くて、1日おきに血管注射に通うようになりました。 後期には、お腹が大きくなったことにより胃ヘルニアになりました。
   育児は身体への負担が大きく、育児の最中に右足甲靭帯を損傷し、腰椎分離症になり、絶えず鈍痛に苛まれるようになりました。
   三十代半ば、立ち上がる時に足裏が針のムシロの上に居るように痛むようになりました。動くと爪先から腰や背中にかけて鋭い痛みがはしる様になり、横になると自力で寝返りも打てず、起き上がるには家族の手伝いが必要になる事もありました。また、咀嚼も上手く出来なくなり、口腔外科にも通うようになりました。
   身体中の色々なところの痛みが酷くなり、手には水泡・腕や足には発疹ができるようになり、注射や軟膏や服用する薬が強く多くなりました。薬は、常用を避けるようなものばかりでした。医師によっては「10年後の健康は保障できない」と言われましたが、目先の痛みや辛さに治療を受けていました。
   四十代になると、血圧が180/100を越えるようになり、血圧の薬も2種類服用するようになりました。
   首が詰まった感じになり、真っ直ぐ立つことも正座も出来ず、杖を使う様になり、母と姉妹に見られるようになりました。
   四十代後半、そんな私の姿をみかねた母に、騙されたと思って受けてごらんと、オーソゴナルカイロを勧められました。
   最初の施術で、真っ直ぐ立てるようになり、帰りには杖無しで歩けるようになりました。
   施術後横になっていると、手足の先までビリビリ・ホカホカして血流が良くなるというか神経伝達が良くなるというか、身体がかわってくるのが実感できました。
   施術の度に状態は改善され、酷かった痛みは驚くほど軽減しました。
   施術後一日は良くなった状態の身体を休め、身体が良い状態を保てるよう心掛けました。
   リンパマッサージの時に使われるリジュベネーションクリームを朝晩使用していると、肌の状態もかなりよくなりました。
   胃ヘルニアによる不快と右足靭帯の疼痛は相変わらずですが、今では顔色も良くなり、首もすっきりし、発疹も出なくなり、薬も減り、杖も不要になりました。
   
   施術開始当初集中的に通院し、日常生活がある程度楽にこなせる様になった3ヵ月頃から週1回になり、今では月に1回、体調を整えるよう軽い気持ちで通っています。
   
   色々と、ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。
(メールで頂きました)
  • MENU
  • 治療へのこだわり
  • 上部頚椎治療について
  • 頸椎のズレ!!とは
  • ストレートネックetcと頸椎のズレ
  • 検査で異常なしって本当?
  • 歪みチェック
  • メニュー・料金
  • メディカルリンパケア
  • 肌再生システム
  • 中医ハーバル内蔵トリートメント
  • 治療計画
  • 細胞の入れ替わり日数
  • 当院の紹介
  • 施術の流れ

施術の実例紹介

症状別治療案内

無料相談

24時間WEB予約